浅草名所七福神巡り

移転しました。

七福神は、個別に信仰されていた七人の福の神様を室町時代にまとめたものといわれています。

福の神にあやかり、めでたい年明けを祝う習慣のひとつとして、江戸時代から七福神巡りが各地で広まっていきました。

浅草名所七福神巡りは、7寺社ではなく、9寺社をめぐるのが特徴のひとつで、4時間ほど歩けば廻ることができます。

23区内で下町風情を味わいながら気軽に行けることから、注目を集めています。

オリジナルの色紙を購入して、各寺社でご朱印を押してもらうことができるほか、七福神の描かれた福絵にご朱印を押してもらうこともできます。

また、各寺社で絵馬を集め、絵馬を福笹に付けて完成させることもでき、福を招くグッズとして人気があります。

 


地下鉄各線・東武鉄道浅草駅から徒歩5分、浅草の雷門の近くにある浅草寺は、東京都内で最古の寺で、財福を司る大黒天が祀られています。

また、同じく雷門の近くの浅草神社には、商売繁盛や五穀豊穣にご利益のある恵比寿天が祀られています。


浅草駅から徒歩7分隅田公園の近くには、勇壮な毘沙門天を祀る待乳山聖天(まつちやませいてん)があります。


浅草駅から徒歩7分台東区不動院には、布袋尊が祀られています。一般的な布袋尊は、肩から袋を掛けていますが、不動院布袋尊はお腹が袋状になっているという稀少な姿です。


地下鉄日比谷線三ノ輪駅または入谷駅から徒歩15分・吉原神社には芸術や学問の神である弁財天が祀られています。


日比谷線南千住駅から徒歩15分・石浜神社には寿老神が、日比谷線入谷駅徒歩7分・鷲神社には寿老人が祀られていて、長寿にご利益があるとされます。


地下鉄銀座線稲荷町駅または田原町駅徒歩7分・矢先稲荷神社と、各線浅草駅徒歩5分の今戸神社には、福禄寿が祀られています。


各寺社を巡るには、徒歩のほか、浅草駅や南千住駅からの都営バスも利用できます。