東京山手七福神巡り

移転しました。

開運招福や、ご利益に効果がある、と言われている東京山手七福神巡り、特にお正月に回ればたくさんご利益がありそうですね。お正月以外に行っても対応してくれるところと、お正月だけのところがあります。普通は元旦から一週間くらいの間に参拝します。江戸時代から始まった行事なんです(戦争中は一時中断)。実は、神社仏閣にはそれぞれご本尊があり、七福神がご本尊ということはありません。でも七福神の方が認知度が高いようですね(お参りする時は、七福神の前にご本尊にご挨拶するのが礼儀です)。そうした人気の七福神ですが、大黒天や恵比寿さま、弁財天、毘沙門天などがよく知られていますね。七福神巡りをする時は、御朱印集めも楽しみのひとつでしょう。御朱印用に作られたきれいな特製色紙もあれこれ販売されています。御朱印そのものは200円くらいです。もちろん七福神をモチーフにしたご利益グッズも大変人気です。お守りや絵馬、手のひらサイズで二頭身のかわいらしい置物もたくさんあります。こうしたグッズを、あれこれ見て回るだけでも楽しいものです。食べられる七福神(人形焼きなど)も様々な種類があります。珍しいグッズとしては、ピースを組み合わせて七福神の絵を完成させていくパズルがあります。東京山手七福神巡りは、電車などを使えば、一時間半くらいで全て回りきることができますし、運動不足の解消に、ウォーキングと思ってある程度は歩くのもいいですね。巡る順番は特に決まっていないので、出発前に、前もってルートを決めることが大切です。御朱印の受付はたいてい9:00から17:00なのですが、神社仏閣によっては16:00までのところもあるので確認した方がいいでしょう。