読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神奈川天狗伝説の大雄山最乗寺で開運ご利益!パワースポットで御朱印

縁起・概要・ご利益・パワースポット/天狗伝説の大雄山最乗寺

大雄山最乗寺は、神奈川県にある曹洞宗の禅寺です。

大雄山最乗寺曹洞宗にまつわる全国の寺の中で、3番目に高い格式を持っています。

大雄山最乗寺開創以来、600年以上の長い歴史があるとのことで、風格あるお寺の外観からは歴史の重みが感じられます。大雄山最乗寺を初めて開山した人物は、了庵慧明禅師という人です。かつて戦国の時代、地頭の職に就いていた禅師は、出家を決意したそうです。

その後、各地の寺で住職として活動した後、50歳半ばの頃に相模国に庵を建て定住しました。その際、一羽の大鷲が禅師の袈裟をつかみ、山中にある大きな松の枝に掛けたとのことです。すると禅師はこの出来事が仏からの啓示であると直感し、山中に寺を建立したというのが、大雄山最乗寺の開山に至る経緯です。

大雄山最乗寺は、開運にご利益がある点に注目できます。

出世運や健康運を高めたいと考えている人にぴったりのお寺です。大きな事を成し遂げるための人生の節目に訪れてみると、運を開くご利益が得られるかもしれません。

大雄山最乗寺に訪れた際には、パワースポットとして見逃せない場所があります。

その一つが、天狗の小径です。大雄山最乗寺には天狗にまつわる伝説が多く、天狗の小径は不思議な力を得られるパワースポットとして注目を集めています。

この天狗の小径は杉並木で木々の緑に囲まれ、またあじさいが道の両側に植えられていることから、大雄山あじさい参道とも呼ばれています。

その他にも、大雄山最乗寺周辺のパワースポットとして、御開山坐禅岩も一度は訪れたい場所です。

かつてこの岩で開祖の禅師が座禅し、お寺の開山を願ったという言い伝えがあります。

この岩を手の平で触れてみると、霊感があるかどうかが分かるという話もあるそうです。

境内の風情/天狗伝説の大雄山最乗寺

女子目線の御朱印参拝/天狗伝説の大雄山最乗寺

祭り、行事/天狗伝説の大雄山最乗寺

随時写真を整理して更新します。

季節の花々、ご神木、狛犬、巨木、空

随時写真を整理して更新します。

ランチスポット、お店情報、お土産

随時写真を整理して更新します。

アクセス地図と御朱印・御朱印帳

今回頂いた御朱印と使用した御朱印帳、気になった御朱印帳です。

 

地図はポイントを記入しています。

 

 

 

今回の記事が少しでもあなた様のお役に立てましたらフェイスブックはてなブックマークでシェアしていただけると励みになります

広告を非表示にする