北鎌倉建長寺山内にある妙高院で三十三観音巡り!ご利益の御朱印

縁起・概要・ご利益・パワースポット/鎌倉妙高

北鎌倉  妙高院 三十三観音巡り

若昇山 妙高院はご利益のあるパワースポットとして人気のある建長寺の山内にある塔所であり、鎌倉三十三観音霊場の第二十七番目の札所でもあります。

建長寺の第二十八代住世持だった肯山聞悟(こうざんもんご)の塔所として1346年(貞和2年)に開山し、札所本尊を聖観世音菩薩、本尊を宝冠釈迦如来としています。

妙高院は建長寺総門を抜けて右側にあり、一番高い所になっています。石段を数段上った先にある柵で閉ざされた門には大きく「禁」の文字があるので一瞬戸惑いますが、御朱印を頂くには門の脇戸から入る事ができます。

妙高院の御朱印は門を入って左の庫裏で受け付けてもらいます。

参 拝の時の注意事項として、よく手荷物を持ったままお参りをしてしまいがちなのですが、必ず手荷物は下に置いてから参拝をするようにしましょう。また敷居は またいで通るようにし、お祈りをする際は本尊が観世音菩薩なので「南無観世音菩薩」と唱えるとより気持ちが仏様に伝わるとされています。

御朱印は基本的には参拝の後に頂きに行きますが、檀家さんが集まっている時などは頂けない場合もあります。

その時はあらかじめ門の所に張り紙がしてあるので、次の機会に頂くようにします。

アクセス地図と御朱印・御朱印帳

北鎌倉  妙高院 三十三観音巡り

今回頂いた御朱印と使用した御朱印帳、気になった御朱印帳です。

 

北鎌倉  妙高院 三十三観音巡り

地図はポイントを記入しています。

 

 

 

今回の記事が少しでもあなた様のお役に立てましたらフェイスブックはてなブックマークでシェアしていただけると励みになります

広告を非表示にする